チャイルドシート

リーマンの新生児用チャイルドシート4選!特徴や口コミを紹介!

こんにちは、アラサー自称バリキャリのプレママAyamiです。

今回は、リーマン(LEAMAN)が販売しているチャイルドシートの特徴や商品ラインナップ・口コミを紹介していきます。

リーマン(LEAMAN)は、2001年に設立されたチャイルドシート専門メーカーで、

他のメーカーは、ベビー用品の一環としてチャイルドシートを製造・販売している企業がほとんどですが、

チャイルドシートを専門に扱っているのが、リーマン(LEAMAM)の強みです。

出産準備の一環として、チャイルドシートを検討しているママさんは、ぜひチェックしてみてくださいね。

リーマン(LEAMAM)とは…どんなメーカー?

リーマン(LEAMAM)は、2001年に設立されたチャイルドシート専門メーカーです。

チャイルドシートをベビー用品の一つとして考えるのではなく、「安全装置」としてチャイルドシートを製造販売しています。

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、安全・品質へのこだわりを強く持ち製造している会社です。

赤ちゃんの命を守る安全装置のチャイルドシートなので、しっかりした構造が必要不可欠ですが、

シンプルな構造を徹し、モノづくりを行っています。

また、設計思想を高いレベルで実現するために、ほとんどの製品を国内自社工場で生産しているのも特徴の一つです。

リーマン(LEAMAM)の会社概要

会社名リーマン株式会社
設立2001年
本社所在地愛知県愛西市西保超南川原68-1
代表取締役社長中林 克司
事業内容チャイルドシートの製造企画、小売・卸売

リーマン(LEAMAM)の取扱製品

リーマン(LEAMAM)は、チャイルドシートの専門メーカーです。

そのため、チャイルドシート以外の製品は取り扱っていません。

あやみ
あやみ
チャイルドシート専門メーカーなので、リーマンのこだわりが詰まった製品ばかりが販売されています。

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートとは…

リーマン、チャイルドシート、新生児、口コミ

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、

何よりも安全性を最優先し、余剰な機能や華美な装飾を削ぎ落した、シンプルで軽量かつリーズナブルな製品を提供する

をコンセプトとして、日本のものづくりの本拠地ともいえる愛知県から世界にチャイルドシートを提供しています。

リーマン(LEAMAM)は、国内のチャイルドシートブランド(コンビ、アップリカ、タカタ、エールベベ)に並ぶメジャーブランドです。

チャイルドシートはメーカーごとに特徴やこだわりがありますが、どれも似通ったものも多いと感じたママさんも多いのではないでしょうか。

そんな中、リーマンはチャイルドシートを専門に扱っているメーカーだからこそ他メーカーと比べ、

目指す方向性が明確となっており、それが製品として表れているものばかりです。

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートの特徴を紹介していきます。

リーマン(LEAMAM)の新生児用チャイルドシートの特徴

リーマン(LEAMAM)の新生児から使えるチャイルドシートの商品ラインナップは多岐に渡ります。

ショップ限定発売されているチャイルドシートも多く、さすがチャイルドシート専門メーカーと言わんばかりです。

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートの特徴

  • 安心・安全のMade In Japan
  • 過度な機能やデザインを削ぎ落したシンプル設計
  • 安全性最優先のシンプル構造
  • ハイクオリティでありながら、リーズナブルな価格設定
  • 軽量でコンパクト
  • シンプルな操作性

軽量でコンパクトなタイプのチャイルドシートだと、どうしても安全性が不安になるママさんもいると思います。

リーマン(LEAMAM)は、「安全装置」としてチャイルドシートを製造しているメーカーなので、

軽量でありながら高い安全性を確保し、しかもシンプルな構造こそがリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートの最大の特徴です。

リーマンLEAMAM)の新生児用チャイルドシートの商品や口コミを紹介

チャイルドシートは、出産して退院時から必要となるので、新生児から使えるものを検討したいですよね。

リーマン(LEAMAM)の新生児から使えるチャイルドシートの中で人気が高い商品4つを紹介していきます。

種類別チャイルドシートの特徴!まとめ

ラクール:回転式かつ機能・安全性抜群タイプ

レスティロ:本体とベース分離可能!機能・安全性充実でコスパ重視タイプ

ネディアップキャノピー:軽量・コンパクトタイプ

カイナキャノピーa:コスパ重視!新生児~7歳頃まで使えるロングユースタイプ

それぞれ製品情報や口コミなどを詳しく紹介していきます。

新生児用チャイルドシート①:ラクール ISOFIX

リーマン、チャイルドシート、新生児、口コミ

最初におすすめするリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、ラクール ISOFIXです。

ラクール ISOFIXの特徴

  • ドア側から操作できるワンタッチ回転や低座面設計で乗せ降ろしがラクラク
  • 操作が簡単・ラクな回転式チャイルドシート
  • 最新安全規則”R129”適合
  • 前後左右からの衝撃にもしっかり対応
  • ふっかふかなクッションで、赤ちゃんの自然な姿勢をキープ(ラクール・モアフラットシステム)
  • 洗濯機OKなウォッシャブルカバー
  • ISOFIX機能付き
あやみ
あやみ
新安全基準”R129”適合で、安全性が高く機能も充実しているモデルです。

ラクール ISOFIX:製品情報

対象年齢新生児~4歳頃
サイズW.450×D.730×H.600mm
重量14.8kg
取付方法ISOFIX
機能ISOFIX取付、360°回転式、洗えるシートカバー、低座面・低重心設計、ラクール・モアフラットシステム、新安全規則”R129”適合
参考価格59,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ラクール ISOFIX:良い口コミ

ここでは、ラクール ISOFIXの良い口コミを紹介していきます。

デザインも可愛く、機能も良いものをセールでお安く&ポイントバックが大きくとてもお得に購入出来ました!ありがとうございました(^^)

まず、デザインが可愛いことが大満足です。
また、取り付けやすいのも良かったです。

セールでお得に買えてよかったです!
品物もいい感じのものでした!

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/308718_10000195/1.1/

デザイン性が可愛いという口コミが多数ありました。

また、ISOFIX機能付きなので、取り付けもラクだったり、品物も良い感じという口コミが多かったです。

ラクール ISOFIX:悪い口コミ

次に、ラクール ISOFIXの悪い口コミを紹介したいところですが、

こちらも、SNS、Twitter、ブログなどで探しましたが、見つかりませんでした…。

あやみ
あやみ
私が気になった点は、重量が14.8kgあるので、ママ一人で車への設置するのは大変・難しいと感じるママが多いかもしれません。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

新生児用チャイルドシート②: レスティロ ISOFIX

リーマン、チャイルドシート、新生児、口コミ

最初におすすめするリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、 レスティロ ISOFIXです。

レスティロ ISOFIXの特徴

  • ISOFIX機能付きで取り付けが簡単・確実
  • 操作レバーはたったの2つで直感的に取り付けられる
  • 独自形状の「クルームインナーパッド」で赤ちゃんがくつろげる抱っこ空間の創出
  • 3層構造の「レイヤー3 プロテクション」で衝撃を緩和
  • 「あんしんキャノピー」付き
  • 扱いやすいシートとベースが分離
  • 成長に合わせて調整できる10段階ヘッドレスト(肩ベルト連動タイプ)
  • 通気性の良い3Dメッシュ生地
  • カバー・インナーパッドは丸洗いOK!
あやみ
あやみ
シートとベースが分離するので、乗せ替えもラクラクだけでなく、本体のお掃除もラクラクです。

レスティロ ISOFIX:製品情報

対象年齢新生児~4歳頃
サイズW.450×D.720×H.590mm
重量12kg
取付方法ISOFIX
機能ISOFIX取付、洗えるシートカバー、クルームインナーパッド、レイヤー3 プロテクション、エアクッションショルダー、安心キャノピー付き、シート・ベース分離、10段階ヘッドレスト調整可能、3Dメッシュ、118個の通気孔、丸洗いOK
参考価格40,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

レスティロ ISOFIX:良い口コミ

レスティロ ISOFIXの良い口コミを紹介していきます。

こんなに安くリーマンのチャイルドシートが買えて良かったです。
取り付けも簡単ですし、通気性も良さそうです。

赤ちゃんが産まれる前に購入しました。
安全性、日本製、日除け、リクライニングが
良いと思います。使う日が楽しみです。

店頭でも色々検討した結果、この製品に決定。
決め手は日本製でこの値段、また、クッションがとにかくしっかりしていること。
退院後すぐ車に乗せて移動だったので、首をしっかり支えてくれそうなこのクッションは、他のチャイルドシートでこの値段、また日本製ではなかったです。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/308718_10000148/1.1/

あやみ
あやみ
満足度が高い口コミばかりでした。取り付けも簡単で、安全性も高く、機能面も充実、日本製でこの値段は破格かもしれませんね。

レスティロ ISOFIX:悪い口コミ

次にレスティロ ISOFIXの悪い口コミを紹介していきます。

こちらは、悪い口コミというよりも、全体としては満足しているけど、しいて言うなら…というレベルの口コミになります。

使いにくいなと思った点は、肩ベルトカバーが取り外せないこと。後ろ向きで取り付けると、ベルトを緩めるレバーが車シートにびったりくっつくので手をシートに突っ込んで指で探さないと押せないこと。
この2点が惜しかったです。

はじめての子供に買いました。安いけど特に問題なく使えています。
少しベルトを止めるのが固いのと、すごくカビくさいので☆マイナス2です。ニオイが天日干ししてもなかなかとれず困ってます…

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/308718_10000148/1.1/

肩ベルトカバーが取り外せないので、洗濯ができないという声がありましたが、

ミルクなどで汚してしまったら、すぐに除菌シートやウェットシートで拭いてしまえば問題無さそうです。

また、かび臭いという声がありましたがニオイが気になったという口コミはこの1件だけでした。

こちらは、たまたま保管状況に問題があったのかもしれません。。。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

新生児用チャイルドシート③:ネディアップキャノピー

リーマン、チャイルドシート、新生児、口コミ

次におすすめするリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、ネディアップキャノピーです。

ネディアップキャノピーの特徴

  • 軽自動車やコンパクトカーの中でも扱いやすい軽量・コンパクト設計
  • 車に取り付けたままカバーを外して洗える「取り外し簡単カバー」
  • 肩ベルトとヘッドレストを同時に調節できるワンタッチ構造
  • チャイルドシートアセスメント”優”評価を取得
  • 赤ちゃんの頭の上から包むキャノピーを搭載
  • 本体サイドに「ベルトキーパー」搭載で、乗せ降ろしラクラク
あやみ
あやみ
軽自動車やコンパクトカーでも扱いやすい設計になっているのは嬉しいポイントです。乗せ降ろしもお手入れも簡単なので、ママに嬉しいポイントが詰まっているチャイルドシートです。

ネディアップキャノピー:製品情報

対象年齢新生児~4歳頃
サイズW.450×D.545×H.650mm
重量6kg
取付方法3点式シートベルト
機能洗えるシートカバー、安心キャノピー付き、ベルトキーパー、ヘッドレスト・肩ベルト調整可能
参考価格19,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ネディアップキャノピー:良い口コミ

ネディアップキャノピーの良い口コミを紹介していきます。

一人目のときは回転式を購入してたので、初めは回らないのは使いづらいと思ったけど、なれたら普通に使えます。どのチャイルドシートでも新生児のときは、チャイルドシートにきちんとおさまってるか苦しくないかとか心配だけどすぐ大きくなるので大丈夫です。
タントですが、簡単にとりつけれるし、値段も安くてよかったです。

付け方も難しくなく軽量なので
女性でも取り付け安い商品でした。
カバーを取り外し洗うことが出来るのが
衛生的良いですね。

軽いし取り付けも簡単なので、2台の車に付け替える我が家では助かっています!

もうすぐ産まれる双子用に2台購入しました。お値段がお安いのと、日よけがついている、カバーが洗える、4歳まで使えるという点で選びました。

引用:https://shopping.yahoo.co.jp/review/item/list?store_id=leaman&page_key=10000056

あやみ
あやみ
回転式でないにも関わらず、「慣れたら普通に使える」という口コミがあったのには驚きました。
回転式を選ぶと3万円以上かかってしまうので、回転式じゃなくても乗せ降ろしがラクラクなネディアップキャノピーはおすすめです。

ネディアップキャノピー:悪い口コミ

次にネディアップキャノピーの悪い口コミを紹介していきます。

こちらも、悪い口コミというよりも、全体としては満足しているけど、しいて言うなら…というレベルの口コミになります。

 初めて扱うので 開けて説明書をよんだのですが とても分かりにくく思えました。 何度か実践したら大丈夫だとは思いますが。

新生児は後ろ向きにシートベルトで固定する。その時の椅子の角度は最大で寝かせて45°くらい。首が座ってない時は首が左右にぐらぐらして少々不安。頭横のスペースにタオルを詰めてなんとかぐらつきは防止できた。

引用:https://shopping.yahoo.co.jp/review/item/list?store_id=leaman&page_key=10000056

「説明書がわかりにくい」との口コミがありましたが、最初は結構みなさん取付などに手こずってしまうパパ・ママが多いですが、実際慣れたら問題無さそうです。

また、新生児は首が座っていないので、首がぐらつき不安との声がありましたが、不安な方は「イス型」のチャイルドシートではなく、アップリカなどが発売している「ベット型」のチャイルドシートがおすすめです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

新生児用チャイルドシート④:カイナキャノピーa

リーマン、チャイルドシート、新生児、口コミ

次におすすめするリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートは、カイナキャノピーaです。

カイナキャノピーaの特徴

  • 新生児~7歳頃まで使えるロングユースタイプ
  • ネットショッピングモールでは、ランキング上位の常連商品
  • 赤ちゃんを頭の上から包むキャノピーが搭載
  • カバーも飽きの来ないシックなデザイン
  • チャイルドシートアセスメントで”W優”評価を取得
  • 成長に合わせて調整できる稼働タイプのヘッドレスト
  • 衝撃吸収だけでなく、頭部まわりの空間を無くし衝突時の頭部横振れを抑制
  • 3段階リクライニング
  • ユニバーサルタイプ(ほとんどの車種に適合)
  • 乗せ替えがラクな軽量設計
あやみ
あやみ
ランキング上位の商品なので、たくさんの方が安心して長く使っていける商品です。

カイナキャノピーa:製品情報

対象年齢新生児~7歳頃
サイズW.440×D.650×H.500mm
重量5.5kg
取付方法3点式シートベルト
機能ロングユースタイプ、キャノピー搭載、チャイルドシートアセスメント”W優”評価取得、ヘッドレスト調整可能、3段階リクライニング
参考価格16,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

カイナキャノピーa:良い口コミ

カイナキャノピーaの良い口コミを紹介していきます。

家の中で、泣いていた孫に座らせて見たのですが、、固定されて安心したのか泣き止みました。気に入ったのかしら?初ドライブで息子夫婦が使用してみましたが、違和感なし。喜んでくれました。購入して満足です。新生児でも、少し角度が気になっていましたが、使用OKでした。

孫の実家用として購入。頻繁に使う物ではないので安価で長く使えるのが魅力でした。取り付けも簡単でなにより軽量で女性でも一人でらくらく持ち運び出来ます。買って良かったです!

産院から退院する際に利用しました。 新生児には角度が急かなと思いましたが特に泣かずに乗ってくれました。途中から気持ち良くなったのか寝ていました。 利用する車が自家用車ではなく付けたり外したりするので軽さ重視で選びましたが、こちらはチャイルドシートアセスメントもW優の評価だったので購入を決めました。

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/leaman/10000077.html

あやみ
あやみ
ロングユースタイプで比較的安価な製品ですが、泣いていた赤ちゃんが泣き止み、すやすや寝てしまうほど快適な空間を実現できているのがこの製品の魅力の一つです。

カイナキャノピーa:悪い口コミ

次にカイナキャノピーaの悪い口コミを紹介していきます。

こちらも、悪い口コミというよりも、全体としては満足しているけど、しいて言うなら…というレベルの口コミになりますが、

1件しか見つけることができませんでした。。。

取り付けも説明書とメーカーの動画で見れたので簡単でした。しかし肩ベルトが新生児だとうまく入らなくて少し苦戦しました。

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/leaman/10000077.html

新生児だと肩ベルトの装着に少し手こずってしまうみたいです。

装着できないわけではないので問題ありませんが、何度か使って慣れていけば問題無さそうです。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートを購入するなら…

これまで、リーマン(LEAMAM)の新生児から使えるチャイルドシートを紹介してきました。

チャイルドシートを選ぶ上で、安全面・機能面、コスパなどどのポイントを重要視するかによって選ぶチャイルドシートは異なってきます。

種類別チャイルドシートの特徴!まとめ

ラクール:回転式かつ機能・安全性抜群タイプ

レスティロ:本体とベース分離可能!機能・安全性充実でコスパ重視タイプ

ネディアップキャノピー:軽量・コンパクトタイプ

カイナキャノピーa:コスパ重視!新生児~7歳頃まで使えるロングユースタイプ

何を重視したいのか、安全面や機能面なのか、コスパなのかを明確にすることが大切です。

リーマン(LEAMAM)のチャイルドシートを購入するなら、Amazon、楽天がおすすめです。

割引があったり、最安値で購入できますよ。

製品ごとに詳細ページリンク

ラクール:Amazon楽天

レスティロ:Amazon楽天

ネディアップキャノピー:Amazon楽天

カイナキャノピーa:Amazon楽天

リーマンの新生児用チャイルドシート4選!特徴や口コミを紹介!まとめ

新生児から使えるリーマン(LEAMAM)のチャイルドシートを紹介してきました。

種類によって、特徴が異なるため、重視したいポイントを押さえているチャイルドシートを選ぶのがおすすめです。

迷ったら、機能面・安全面が充実しているラクールもしくはレスティロがおすすめです。

赤ちゃんの安全やママの負担を考えたら、安いものです。

コスパ重視で購入し、「失敗した~」と感じ、買い替えをしているママも多いのが事実です。

決して安くない買い物なので、慎重に選んでみてくださいね。

妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を無料でもらいませんか?

面倒な登録いらずの会員登録のみで、隔月で会員の妊婦さんのご自宅まで無料で届けてくれます。

あやみ
あやみ
私も会員登録して、本をゲットしましたが、ページ数は200ページくらいあり、とても無料とは思えないボリュームでした。
また、妊婦にとってすぐ使える知識や、役立つ情報がたくさん掲載されていて、とても参考になりました。

全妊婦さんの味方「ゼクシィBaby 妊婦のための本」を無料でゲット!

妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

最後まで読んでくれてありがとう(^^♪
ブログの更新情報は、Twitter(@アラサーAyami)で配信中です!
ぜひフォローしてみてください~☆
あやみ
あやみ